ブログ

Microsoft Teamsのビデオ会議を使いこなして円滑なコミュニケーションを実現

Microsoft Teamsのビデオ会議を使いこなして円滑なコミュニケーションを実現

複数の人とビデオ会議ができる「Teams」はMicrosoft社のコミュニケーションツールであり、Skype for businessの後継です。
リモートワークが推奨される現代に遠隔でコミュニケーションできるのは魅力的です。
会議や打ち合わせに欠かせない議事録に活用できる録画/録音機能もあり、Teamsを使いこなせればスムーズな業務を実現できます。
今回は、Teamsを利用して行うビデオ会議の基本的な使用方法や、便利な録画機能について解説していきます。

Microsoft Teamsのビデオ会議機能について

Teamsは、チャットやスケジュール管理などさまざまな機能がありますが、ビデオ会議機能もあります。
音質や映像の質が高く、すでにテレワークの核として使用している会社も多いです。
インターネットにさえ繋がっていればTeams画面よりビデオ会議は簡単に開けます。
会議の最長時間は24時間なので、基本的には時間制限を気にしなくていいのはメリットです。

無料版と有料版の違い

Teamsには有料版があり、無料版と比較すると以下の点で違いがあります。

有料版と無料版比較

無料版でも十分な機能がありますが、有料版にすることで会議機能を増やしたり、サポートやセキュリティを強化ができます。
とくにビデオ会議を録画できるレコーディング機能が使えると業務効率が上がるので、可能なら有料版にアップグレードするのがおすすめです。
なお、有料版の価格については以下の通りです。

Microsoft 365 Business Basic:540円 / ユーザー・月
Microsoft 365 Business Standard:1360円 / ユーザー・月

※参考元:Microsoft公式サイト:
Microsoft Teams | 法人向けプランの比較 open_in_new

Microsoft Teamsのビデオ会議の設定方法・使い方

Teamsを使ったビデオ会議の設定は、3つの方法があります。

今すぐ会議を設定する

緊急時やすぐに会議をはじめたい場合は、「チャット」「チーム」「カレンダー」の3つの画面からできます。
ここでは、「カレンダー」からの設定方法を説明します。

1. 画面左の「カレンダー」→ 画面右上の「今すぐ会議」をクリックします。次に、会議名を入力し、「会議を開始」をクリックします。

今すぐ会議をする

2. カメラやマイクの設定画面が表示されます。設定完了後「今すぐ参加」をクリックすると会議に参加できます。

カメラやマイクの設定画面

3. 「参加するユーザーを招待する」が表示されます。

– リンクのコピー:招待リンクをコピーし、チャットやチームなどでユーザーへ知らせます。
– 連絡先を招待:メール連絡先リストからユーザーを追加し、「参加をリクエスト」をクリックすると呼び出すことができます。
– メール招待:任意のメールアドレスに招待をメールで送信します。

ユーザーを招待し、この画面を閉じると会議が開始します。

招待するユーザー設定

会議開始

カレンダーから日時を決めて会議を設定する

1. 画面左の「カレンダー」→ 「+新しい会議」をクリックします。

日時を指定して会議を設定する

2. 会議のタイトル、参加メンバー、日時やチーム、必要に応じてメッセージなどの内容を設定します。
設定後「送信」をクリックすると参加メンバーへ会議内容のメールが送信されます。

会議内容の設定

3. カレンダーに設定された会議が登録されます。会議に参加する時は、設定された会議をクリックすると、会議内容が表示されるので「参加」をクリックします。

カレンダーに反映された会議

GoogleカレンダーでMicrosoft Teams会議を設定する

2021年1月に導入された新しい機能として、GoogleワークスペースからTeams会議の設定が可能になりました。
GoogleカレンダーにGoogle Workspace用のTeamsアドインを追加すると、Googleカレンダーの予定作成時にビデオ会議としてGoogle Meetの他にTeams会議を選択することができます。

1. Googleカレンダーからアドインを追加します。

Googleカレンダーからアドインを追

2. 検索窓に「Teams」と入力し、クリックします。「Microsoft Teams meeting」を選択します。

Microsoft Teams meeting

3. 「インストール」をクリックします。

 インストール

4. Googleアカウントにログインし、次の画面の一番下にある「許可」をクリックします。

Googleアカウント

アクセス許可

5. Googleカレンダーの右側に追加されたTeamsアドインのアイコンをクリックし、「LOGIN」をクリックします。
Teamsアドオンを使用するために、Microsoft Teamsへのアクセスを承認します。
Microsoftアカウントとパスワードを入力すると、TeamsアドインからMicrosoft Teamsにアクセスが許可され、GoogleカレンダーでTeams会議の予定を作成が可能になります。

Teamsアドインのアイコンをクリック

6. Googleカレンダーから会議の設定します。
カレンダー上から会議を行う日時をクリックします。
左側に表示された詳細設定で、会議のタイトル、ゲスト(参加メンバー)など入力し、「Google Meetのビデオ会議」の右側の「▼」をクリックしプルダウンで表示された「Microsoft Teams Meeting」を選択します。設定後、「保存」をクリックします。

Googleカレンダーの会議設定

7. Googleカレンダーに設定された会議をクリックし、Teamsアドインに表示される「JOIN」をクリックすると、Teams会議のリンクに遷移ができます。
また、Googleカレンダーから会議に参加する時は、「Microsoft Teams Meeting に参加」をクリックすると、会議に参加ができます。

Googleカレンダーから会議に参加

また、GoogleカレンダーからTeams会議を作る場合には注意点があります。
ゲスト(招待メンバー)がMicrosoft 365アプリを利用している場合は、会議の予定がOutlook予定表やTeamsカレンダーに反映されますが、会議主催者は、Outlook予定表やTeamsカレンダーには同期されず、予定を確認できません。
Googleカレンダーからの設定の場合は、Outlookのリマインダー通知の代わりにGoogleカレンダーの通知を有効にして予定を忘れることを防ぐ必要があります。

※参考元:Microsoft公式サイト:
Google カレンダーから Teams 会議をスケジュールする open_in_new

ビデオ会議・通話機能の使い方

ビデオ会議には、さまざまな機能があり、使いこなせると便利です。
たとえば、下記のようなことがビデオ会議中に行え、会議を円滑に進められます。

画面共有:「コンテンツ共有」→「画面」
ウィンドウ共有:「コンテンツ共有」→「ウィンドウ」
ホワイトボードへの書き込み・共有:「コンテンツ共有」→「Microsoft Whiteboard」

ビデオ会議・通話機能

また、Teamsには、「通話」という機能があり、画面左の「通話」→「連絡先」より1対1で電話をかけられます。
もちろん、映像をつけたビデオ通話も可能で、Teamsのチャット画面からでも相手に通話をかけられます。
チャット中、電話の方が早いと判断できる場合は便利な機能です。

外部ユーザーとビデオ会議をする手順

外部ユーザーがビデオ会議に参加する場合は、主催者から招待メールを受け取る必要があります。
招待メールに記載されているURLから該当会議の待機画面に移ります。
外部ユーザーは、「ゲスト」扱いなので、主催者側の承認を得ることで会議に参加可能です。
承認を得るまでは、ロビーで待機することになり、この時主催者側には「ロビーで待機しています」という通知が入ります。
通知後に主催者側が「参加承認」をクリックすると外部ユーザーは会議に参加できます。

録画/録音機能(レコーディング機能)について

Teamsの便利な機能の1つに会議のレコーディング機能があります。
会議に参加できなかったメンバーに会議の内容を伝えられたり、誰がどういった発言をしたかの議事録にしたりと非常に活用幅が広いです。

Teams会議の録画/録音方法

レコーディングの方法は、非常に簡単で、会議画面の「・・・」→「レコーディングを開始」をクリックするだけです。
レコーディングが開始されると時間表示の横に赤丸が表示されます。
会議終了時、自動的にレコーディングは停止しますが、任意の時間で停止させたい時は「・・・」→「レコーディングを停止」で操作できます。

Teams会議の録画

録画/録音データの保存先

録画/録音したデータの保存先は、後で詳しく解説しますが2021年3月29日を境にMicrosoft StreamからOneDrive for BusinessもしくはSharePointに変更されています。
動画を再生して会議の内容を確認する際は、データの保存先にアクセスする必要があります。

2021年3月29日以前「Microsoft Stream」

2021年3月29日までは、会議録画の動画はMicrosoft Streamにアップロードでき、会議に参加したメンバーとグループにアクセス権限が与えられていました。
しかし、2021年3月29日以降は動画の保存先が変更されているので注意しましょう。

2021年3月29日以降「OneDrive for Business もしくは チームのSharePoint」

2021年3月29日以降については、会議録画の動画はOneDrive for Businessまたは、SharePointに「レコーディング」フォルダが作成されて自動保存されます。
OneDrive for Businessまたは、SharePointの保存容量を消費するので注意が必要です。
Streamと同じく、会議に参加したメンバーとグループにアクセス権限が与えられます。
また、現在Streamに保存されている動画データはOneDrive for BusinessやSharePointに自動で移行されていないので手動で移す必要があります。

録画/録音データを共有する

録画/録音したビデオ会議のデータは、他のユーザーと共有できます。
OneDrive for Businessまたは、SharePoint内に保存されている動画データのリンクを送って共有したり、直接共有したりすることが可能です。
注意点は、会議に参加していなかったユーザーが共有先にアクセスするには、会議の開催者もしくは記録者から共有操作の承認が必要な点です。

録画/録音データを共有

録画/録音機能を使う時の注意点

ビデオ会議に参加しているメンバーは、会議の開催者を問わず全員がレコーディング機能を使えます。
ただし、会議中にレコーディング機能を使って録画/録音をできるのは、1人だけなので誰が記録をするかは事前に決めておきましょう。
レコーディング機能を使うためには、「クラウドレコーディングを許可する」がオンになっている必要があるので、画面左の「会議」→「会議ポリシー」より確認が必要です。
また、ビデオ会議の動画データが保存されるOneDrive for Businessまたは、SharePointには容量に限度があるため、定期的に容量不足とならないようにチェックしておくことをおすすめします。

まとめ

今回はMicrosoft Teamsを利用したビデオ会議の方法や録画機能について解説しました。
Teamsのビデオ機能は、映像・音が高品質で、多くの会社がすでに活用しています。
リンクを共有したり、スケジュール表に予約を入れたりすることで必要な会議をスムーズに開催でき、有料版で使えるレコーディング機能で簡単に議事録を残せます。
記録した録画/録音データの保存先は2021年3月29日よりOneDrive for Business・SharePointに変更されており、容量不足にならないように気をつけましょう。
Teamsのビデオ会議機能や録画機能を活用できれば業務に必要なコミュニケーションが効率的に図れ、生産性が上がります。

弊社でのTeamsの活用事例のご紹介
弊社はテレワーク中心で、打合せ、講習会やお客様との商談などでTeams(Microsoft 365)を活用しています。
また、Teamsを活用して、社内イベントとしてオンライン謎解きゲーム大会や、トランプ大会とかも開催しました。
(イベントでは、仕事とは一味違った笑顔をみることができ、好評でした。)
いろいろな生活様式やワークスタイルが出てきて、直接会わなくてもコミュニケーションは取れますが、
やはり、お互いの表情や雰囲気を感じながら、コミュニケーションを取ることの大切さを感じます。

ez officeの関連サービス

ez officeでは、SharePointをはじめとしたMicrosoft製品を活用したいお客様に対して、
業務改善・効率化のお手伝いが可能なサービスをご提供しております。

ポータルサイト構築サービス

SharePointで「社員に情報を届けること」と「知りたい情報が見つかること」を両立できる
ez office独自のテンプレートを活用したポータルサイトを構築します。

どんな些細なことでも、
お気軽にご質問・ご相談ください。

お問い合わせ

一覧に戻る

資料一覧
ez officeの各サービスについての資料をダウンロードいただけます。