ブログ

Microsoft Azureの概要と特徴をわかりやすく解説

Microsoft Azureの概要と特徴をわかりやすく解説

Microsoft Azureとは、Microsoft社が提供する人気のクラウドサービスです。
クラウドサービスといってもさまざまな種類がありますが、Azureは、主にIaaS、PaaSと呼ばれるクラウドサービスを提供します。類似のサービスでは、AmazonのAWS、GoogleのGoogle Cloud Platformが有名ですね。AWSやGoogle Cloud Platform、また他のクラウドサービスとは何が違うのか疑問に思いませんか?
この記事では、Microsoft Azureについて知りたい方のために、Azureとは何なのか、Azureで何ができるのか、わかりやすく解説します。

Microsoft Azureとは

Microsoft Azureとは、クラウドサービスの一種ですが、クラウドサービスと言ってもさまざまな種類があります。
具体的に言うとIaaS、PaaS、SaaSです。全てのクラウドサービスは、この3つのどれかに属します。Azureの場合は、IaaSとPaaSを提供します。

IaaS、PaaS、SaaSとは

IaaSとは、Infrastructure as a Serviceの略で「イアース」とか「アイアース」と読みます。
Infrastructureは直訳すると「下部構造」で、いわゆる「インフラ」のことです。日常生活でインフラとは、電車や道路、送電網、電話回線網、ガス管などの公共物を示すことが多いです。クラウドサービスの用語でインフラとは、「ハードウェア」を指します。つまりInfrastructure as a Serviceとは、サーバーやストレージ、ネットワークなどのハードウェアをクラウドサービスとして提供するサービスです。

では、PaaSはどうでしょうか。PaaSとはPlatform as a Serviceの略で「パース」と読みます。
PaaSにおけるPlatformとは、開発環境や開発ツールだと考えておけばよいです。つまり、ソフトウェアを開発するためのOSやミドルウェア、データベースなどを提供するクラウドサービスとなります。

最後にSaaSです。
技術系ではないエンドユーザーがイメージするクラウドサービスは、このSaaSだと思って間違いないでしょう。
SaaSは、Software as a Serviceの略で「サース」と読みます。ここでいうSoftwareはアプリケーションソフトウェアのことです。つまり、エンドユーザーが使用するためのアプリをクラウドサービスとして提供するのがSaaSとなります。

Azureの活用例

Azureを活用している日本企業は、多数あります。
例えば、ブラザー工業(※1)は部門ごとにバラバラに管理されていたデータを集約するのにAzureを活用しました。
このような場合、部門ごとにデータの形式が異なるため集約は難航するのが普通ですが、ビッグデータを分析するためのサービスAzure Data Lake Analyticsの活用でわずか3ヶ月でデータの移行を完了できました。

※1:引用元:Microsoft公式サイト|お客様事例「ブラザー工業」launch

また、農業に関する経営支援を行っているOrchard & Technology(※2)は、農業ノウハウの標準化のためにAIの活用を目指しました。
そこで、Azure Machine Leaning Studioによるコードレスなアルゴリズム構築によって、わずか1週間で機械学習モデルを構築し、サービス化に成功しています。

※2:引用元:Microsoft公式サイト|お客様事例「Orchard & Technology」launch

Microsoft Azureの特徴

従量課金制

Microsoft Azureの大きな特徴の1つは、従量課金制です。
日本のポスティングサービスなどは固定料金が多いですが、Azureの場合は、仮想マシンを立ち上げていた時間の分だけ料金を支払う形式になります。

比較的初心者向け

Microsoft Azureは、初心者でも簡単に扱えるように配慮されている部分が多いです。
上記の従量課金制も予算設定ができますので意図せず高額になってしまう心配は少ないですし、コーディングなしでさまざまなソフトウェアを作れる機能もあります。

全ての機能がクラウド上で提供

Microsoft Azureは、クラウドサービスですので、当然ながら全ての機能がクラウド上で提供されます。
IaaSにおけるハードウェアもです。したがって、自宅やカフェなどどこからでもアクセス可能ですのでテレワークと親和性が高いです。

無料で利用できるサービスもあり

Microsoft Azureには、25種類を超える無料で利用できるサービスがあります。
また、人気のあるAzureサービスを12か月間無料で利用でき、さらにサインアップから30日間で使える22,500円分のクレジットポイントが付与されるサービスもあります。

たくさんあるMicrosoftの製品やサービスと親和性が高い

Microsoft Azureとよく似たサービスに、AmazonのAWSおよびGoogle Cloud Platformがありますが、これらとはどこが違うのでしょうか。
この3つは、世界的な巨大IT企業3社が提供しており、3つともほぼ同等の機能を提供しているため、おおまかな部分での使用感に違いはありません。
ただ、連携できるサービスや利用できる環境が異なります。 特にAzureの最大の利点は、Microsoft社が提供するMicrosoft 365などの他のクラウドサービスとの相性が良い点でしょう。 またMicrosoft社は昔からIT業界を牽引してきた企業であるため、旧来型のオンプレミスサーバーとの親和性も高いです。Microsoft製品を利用している企業や、オンプレミスとクラウドを併用したい企業は、Azureを選ぶと良いでしょう。

Microsoft Azureの代表的な4つのサービス

Azure DevOps

DevOpsとは、「Development(開発)」と「Operations(運用)」の2つを組み合わせた造語です。
これは読んで字のごとく、ソフトウェアの開発担当と運用担当の連携を強化するサービスです。 ソフトウェアの開発担当と運用担当は利害の衝突が多く、分断しやすいといえます。それをあらかじめ防止し、人的ミスの発生を少なくします。 内容はソースコードやプロジェクト、テストの管理、作業の自動化などになります。
料金はBasicプラン5人まで無料、6人目以降は1人672円と非常にリーズナブルです。テスト管理機能を付けた「Basic+Testプラン」は1人5,824円で使えます。

※参考元:Microsoft公式サイト「Azure DevOpsの価格」launch

Azure Functions

Azure Functionsは、関数(Functions)をサーバー無しで実行するサービスです。
関数というとわかりにくいですがプログラムの部品のようなものです。プログラムを実行するには、本来なら実行するためのサーバーを用意しなければなりません。しかし、Azure Functionsを使えば、サーバーを用意しなくても関数が実行できます。実際にはAzureのサーバーで動いているのですが、それを意識せずに実行できるサービスです。このサービスによって煩わしいサーバー管理に追われずにプログラム開発に専念できます。
料金は、従量課金制で実行回数と使用リソース時間によって課金されます。これはある程度までは無料で使える枠が用意されており、リーズナブルです。また、App Serviceプランという月額固定料金のプランも用意されています。使う頻度が少ない人は従量課金プラン、使う頻度が多い人はApp Serviceプランと使い分けると良いでしょう。

※参考元:Microsoft公式サイト「Azure Functionsの価格」launch「App Service の価格」launch

Azure Storage

Azure Storageは、Azureのクラウド上にデータを保管できる、いわゆるストレージサービスです。
Azure Storageでは「ブロックBLOB」「ページBLOB」「Azure Data Lake Storage」「Managed Disks」「Table Storage」「ファイル」「キュー」の7種類のストレージタイプがあります。一般にイメージするストレージに近いのはBLOBです。これは、ファイルをHTTPSで送ってアップロードし、保存したりできます。FileサービスはSMBプロトコルを使ったサービスで、Azure Storageをオンプレミスサーバーにマウントして使えます。料金体系は、従量課金のみで保存したデータ1GB単位で課金されます。

※参考元:Microsoft公式サイト「Azure Blob Storage の価格」launch

Azure Virtual Machines

Azure Virtual Machineは、Azureのクラウド上で仮想マシンが使えるサービスです。
小規模なWebサイトに向いているコンパクトなマシンから、CPUの性能を重視したマシン、メモリの性能を重視したマシン、科学研究用のハイパフォーマンスコンピューティング、GPU搭載のものなど、用途によってさまざまなマシンを使えます。OSはLinux系やWindows系などから選べますので、オンプレミスで使っているOSならばだいたい揃うでしょう。料金は電源が入っている時間に応じる従量課金制です。構成によって時間単価は変わるため、料金の計算ツールも用意されています。

※参考元:Microsoft公式サイト「Windows Virtual Machines の料金」launch

Microsoft Azureの導入メリット

オンプレミスとの連携

前述したようにMicrosoft Azureのメリットは、既存のオンプレミス環境との連携のしやすさです。
日本企業のDX推進がなかなか進まない理由の1つが、レガシーシステムと呼ばれる旧型のオンプレミス環境だと言われています。すでに古くなっていて使い勝手も悪く維持費も膨大であるため、クラウドに移行したがっている企業はたくさんあります。しかし、オンプレミス環境があまりに巨大になりすぎていて移行に膨大な手間がかかるため、手をつけられない場合が多いのです。Azureならばオンプレミス環境との連携機能を備えているため、既存の環境を活かしたままクラウドサービスの利用ができます。

強靱なセキュリティ

Microsoft Azureでは、多重にセキュリティ対策がなされています。
スマートフォンを利用した二要素認証、チームで利用する際のアクセスレベルの設定が標準で装備されています。また、通常のセキュリティ対策に加えてWAFも付属しています。Azureにはセキュリティを専門に扱うサービスが最初から組み込まれていますが、利用者自身が行うセキュリティ対策をサポートする機能も揃っています。例えばセキュリティセンターと呼ばれる機能で現在のセキュリティ状況を分析できますので、それをもとに不正なプログラムの診断や検知、駆除などの対策を取れます。

複雑な開発が不要

Microsoft Azureの特徴の1つがコードレスでの開発です。
コードを書かかずに、用意された部品を組み合わせるだけでソフトウェアを作れます。コードレスは本職のエンジニアの方は嫌がるかもしれませんが、プログラミング言語に慣れていなくても開発ができるのは大きなメリットでしょう。
新しいサービスを作りたい企画担当やECサイトに機能を追加したい事業担当などがエンジニアを頼らずに自分で開発できるのです。コミュニケーションコストが減るので効率化ができるでしょう。

データの保存場所が日本国内

Microsoft Azureは、データセンターの物理的な場所(国)が選べるので安心です。
外資系のクラウドサービスを利用する際にデータがどの国に置かれているのかは非常に重要です。なぜなら、データは置かれている国の法律の影響を受けるからです。例えばアメリカには愛国者法という法律があり、FBIやアメリカ政府がアメリカ国内にあるデータを全て調査できると決まっています。クラウドサービスの運営会社が何らかの法的な疑いをかけられた場合、政府によってデータセンターが差し押さえられる可能性があります。当然、日本から利用している会社のデータにもアクセスできなくなるのです。
その点、Azureは日本国内のデータセンターにデータを置けるので、海外の法的リスクを気にする必要はありません。

利用料金は日本円で計算

Microsoftは、外資系の会社ですが、Azureの料金は日本円が基準です。
つまり為替変動の影響を受けません。ドルやユーロで決済していると日本円との交換レートによってはコストが高くなってしまう可能性がありますが、日本円での決済なら他の通貨は関係ありませんね。リアルタイムの料金表示も日本円での表示なので日本人にとっては見ただけでコスト感がわかり、ありがたいです。

まとめ

本記事では、Microsoft Azureの概要やメリットについて説明しました。
Azureは、日本の企業にとってとても使いやすいクラウドサービスです。テレワーク導入やDX推進を機に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ez officeの関連サービス

ez officeでは、AzureをはじめとしたMicrosoft製品を活用したいお客様に対して、業務改善・効率化のお手伝いが可能なサービスを提供しております。

どんな些細なことでも、お気軽にご質問・ご相談ください。

お問い合わせ

一覧に戻る

資料一覧
ez officeの各サービスについての資料をダウンロードいただけます。