ブログ


Microsoft 365 Copilot とは? AI を用いたサービスの基本機能と活用例

近年、産業分野や社会インフラなどのあらゆる領域で AI(人工知能)の活用が加速しています。企業の業務においても、人の手による作業の迅速化や精度の向上などの業務効率化を図るために、AI が活用されています。

そうしたなか、Microsoft Excelや Microsoft Wordなどの Office アプリケーション(以下、アプリ)を提供する Microsoft 社は、AI を用いた新たなサービス『Microsoft 365 Copilot』を2023年3月に発表しました。企業担当者さまのなかには、「Microsoft 365 Copilot とはどのようなサービスなのか」「業務にどのように活用できるのか」などと気になる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、Microsoft 365 Copilot の特徴と基本機能、業務での活用例について解説します。

※Microsoft Excel、Microsoft Word、Microsoft 365 Copilot は、マイクロソフトグループの企業の商標です。

出典:総務省『 情報通信白書刊行から50年 ~ICTとデジタル経済の変遷~ launch


Microsoft 365 Copilot とは

Microsoft 365 Copilot は、GPT-4 をベースとした大規模言語モデル LLM が、Microsoft 365 に実装されたサービスです。

GPT-4 とは、OpenAI が開発した次世代の大規模言語モデル LLM のことです。ディープラーニングの機能を利用して、入力された情報を読み込み、内容への回答テキストを出力できます。

Microsoft 365 の Office アプリ・サービスに組み込まれており、自動での文章生成や要約、データ抽出などを行えます。

▼Microsoft 365 Copilot の特徴

 Microsoft 365 のアプリやサービスとの連携ができる
 情報処理能力が高く、自然言語による高精度の処理ができる
 リアルタイムでのアウトプットを得られる
 コンプライアンスに準拠したプライバシー保護が行われている

業務に Microsoft 365 Copilot を活用して、データの収集・加工や資料作成などの業務指示を出すことで、これまで人が行っていた作業を自動化することが可能です。定型業務の自動化・省人化を図れるため、より付加価値を生み出すコア業務にリソースを充てられるようになります。これにより、業務の効率化や生産性の向上を図れます。


Microsoft 365 Copilot の基本機能と活用例

ここでは、Microsoft 365 Copilot の基本機能と活用例を紹介します。

Copilot in Excel によるデータ抽出・分析

Copilot in Excel では、Microsoft Excel に AI 機能によるチャット機能が搭載されています。ユーザーがチャットボックスに作業指示を入力することで、その指示に沿ってデータの抽出・分析や資料の生成、数式の生成などが可能です。

膨大なデータを管理して資料をまとめる場合や、数値の関係性を整理して分析したい場合などに、作業を代わりに行ってもらえます。

また、データの集計・加工を行うときに不明点があった場合には、チャットで回答を求めることが可能です。

▼活用例

 事業所の売上データを分析して、需要予測を生成する
 データ内の特定の数値を排除するための数式を生成する
 膨大な顧客データベースのなかから営業に必要な情報を抽出する

Copilot in Word による文書作成

Copilot in Word では、Microsoft Word に AI のチャット機能が備わっており、入力した指示に応じてビジネス文書の自動生成を行えます。

また、既存の文章に対して校正を行ったり、指示に沿って内容を追記・変更したりできることも特徴です。人の手による文章作成のスピードを向上できるほか、個人のスキルや知識をカバーすることに役立ちます。

▼活用例

 複数のファイルを参照して要約した企画書を作成する
 長文の文書から要点をピックアップして箇条書きの概要を作成する
 既存の文書にある誤字脱字を自動修正してフィードバックを得る

Copilot in PowerPoint による資料作成

Copilot in PowerPoint では、基となる資料を指定して、自動でスライド資料の生成・編集を行える機能が備わっています。レイアウトやアニメーション設定などのアイデアを指示することで、見栄えのよい資料を作成することが可能です。

会議資料の作成や、営業活動、採用活動などに必要なプレゼン資料を短時間で作成できるため、業務効率化を図れます。

▼活用例

 複数の Word 文書を指定のページ数に要約したスライドを作成する
 スライドの内容に適した画像やイラストを貼りつける
 既存の資料に対してテキストの書式やアニメーションを設定して修正する

Copilot in Outlook によるメールの作成・管理

Copilot in Outlook では、メールサービスの Microsoft Outlookを利用する際に、受信メールの整理や返信メールの下書きなどを自動で行えます。

受信ボックスのなかからメールを探したり、一からメールの本文を作成したりする作業を削減することが可能です。

▼活用例

 受信ボックスのなかから未読・未返信のメールを抽出してフラグを立てる
 複数回のやり取りが発生したメールの経緯を要約する
 会議の日程調整連絡を指示して、宛先の選定や文章の作成を行う

※Microsoft Outlook は、マイクロソフトグループの企業の商標です。

Copilot in Teams による議論の整理

Copilot in Teams では、グループウェアの Microsoft Teamsで作業する際に、議題を整理したり、意見を要約したりできます。

会議で話し合った際のチームでの意見を取りまとめたり、論点を整理したりすることで、スムーズな進行や生産性の向上につなげることが可能です。

▼活用例

 チームの意見を整理して、重要な論点を洗い出す
 離席中に行われた会議のハイライトをまとめる
 会議の決定事項に合わせて次のアクションを提示する

※Microsoft Teams は、マイクロソフトグループの企業の商標です。

Business Chat による横断的な作業

Business Chat は、Office アプリにまたがるさまざまなドキュメントや資料、連絡先、予定表などを集約して、ユーザーが求める情報を自動で抽出できる機能です。

社内にあるさまざまな情報を参照して、テキスト出力による質問への回答や、資料作成などを行えます。

▼活用例

 チャットの履歴や会議資料を基にブレーンストーミングを行う
 スケジュールの遅延が発生した場合にプロジェクトへの影響を洗い出して、関係者間への通知を行う


まとめ

この記事では、Microsoft 365 Copilot について以下の内容を解説しました。

 Microsoft 365 Copilot とは
 Microsoft 365 Copilot の基本機能と活用例

Microsoft 365 Copilot は、GPT-4 をベースとした大規模言語モデル LLM が Microsoft 365 に実装されたサービスです。

主な機能としては、Copilot in Excel・Copilot in Word・Copilot in PowerPoint・Copilot in Outlook・Copilot in Teams・Business Chat が挙げられます。これらの機能によりデータ分析や文書作成、資料作成などの自動化が図れることで、スムーズな業務遂行・業務効率化が実現できます。

ez office 』では、Microsoft 365 を活用した業務改善支援サービスを提供しております。Microsoft 365 を利用して作業効率を高めたい方、業務課題を改善したい方はぜひご相談ください。

詳しくはこちらから資料をダウンロードしていただけます。

この記事に関連するお役立ち資料を無料でダウンロード
ez officeは、企業の Microsoft 365 を活用した業務改善支援サービスと情報を提供しています。本記事はその一部を抜粋したものですが、より詳細な内容は以下の資料よりご覧いただけます。
Microsoft 365 業務改善支援サービス

Microsoft 365 を使いこなす方法については、こちらの記事をご確認ください。


ez office の関連サービス

ez office では、SharePoint をはじめとした Microsoft 製品を活用したいお客様に対して、業務改善・効率化のお手伝いが可能なサービスを提供しております。


私たちも、 Microsoft 365 のユーザです。
貴社と同じ悩みを抱え、それを解決するための独自のソリューションを提供します。

  • ポータルサイト
  • 情報発信
  • 情報共有
  • 申請・承認 (ワークフロー)
  • スケジュール
  • 備品管理

どんな些細なことでも、お気軽にご質問・ご相談ください。

お問い合わせ

一覧に戻る

ランキング